2015年05月30日

思い出のスクリーン

img_1.jpg
高校の入学式の次の日、初登校の時にとんでもない奴に出会った。制服からする
とこれから通う学校の先輩のようなのだが、そのナリからしてまず尋常 ではな
い・・・ジミヘン、というよりもむしろパパイヤ鈴木を思わせる極悪アフロヘ
アーにクロンボと呼んで差し支えない(別の意味で、ある)ほどの メラニン色
素の量、ストラトキャスターと思しきエレキギターを担ぎ、20インチの婦人用
ミニサイクルで平和橋通りを新小岩方面にひたすら爆走する その異様なまでに
ロックなお姿は、二週間前まで給食喰ってたボクちゃんをビビらすのに十二分な
ものがありました・・・

できればああいった物騒な方々とはあまり係わり合いにならずに、平穏無事な高
校生活を送りたい・・・などと登校初日にして早くも小市民的なことを 祈りつ
つ、緊張の面持ちで一年二組の教室に入りました。先ほどのジミヘンの出来損な
いが自分と同じ新入生で、しかも同じクラスであるという衝撃の 事実が判明し
たのはその直後です・・・志望校の選択を誤ったか?という考えが一瞬アタマを
よぎりました。しかしそんなサイケデリックでイカツい ルックスに相反して、
知り合ってみると中村くんはバスケ部所属のなかなか爽やかなナイスガイ。エ
リック・クラプトンを標榜し、黒メイプルのグレコ ストラトを愛用する中やん
が、なぜかハードロック同様好んで聴いていたのが八神純子。当時の愛車だった
三代目シルビアのカーステで掛けてました。 この「思い出のスクリーン」を聴
くと、ハードトップの窮屈な後部座席を思い出します・・・

作詞は初期の松田聖子作品でおなじみの三浦徳子、作曲は八神純子(本人)。前
作「みずいろの雨」のヒットを受け、この曲もラテンフレイバーの効い た
ちょっとサンタナチックな仕上がり。ボサノヴァ風の粋な(?)コード進行の名
曲。ギターサウンド中心のアンサンブルということもあり、八神純子 の中では
一番好きな曲です。イントロの印象的なツイン・ギターはもちろん松原師匠のプ
レイ。シングルコイル系の音に軽くオーバードライブ掛けてコ ンプとうっすら
コーラスで味付けってなところでしょうか?シンプルなフレーズながら、見事に
この曲の持つ哀愁と若干のけだるさを表現してます。ま さに適材適所、理想的
なイントロダクションと言えるでしょう!コードがBm7からB7に変わるので、下
のパートの最後の一音だけがDからD#に半 音上がってます。コードトーンに沿っ
たプレイで当たり前のことなのでが、芸が細かい!以上全くの蛇足です。が、し
かし!そんな師匠の燻し銀的職人 芸の余韻に浸っていられるのも1コーラスが
終わるまで・・・そのあとに何の前ぶれも、これといった音楽的必然性も無しに
突如として始まる人間離れ した超絶ベースソロに、全ては彼岸の彼方にブッ飛
んでしまうことになるのです・・・まるでドラクエの「凍てつく波動」です。

そんなゾーマな(?)べーシストが後藤次利。世間一般では秋元康と共同正犯で
「おにゃんこクラブ」や「とんねるず」カンケーで荒稼ぎした作曲家兼 アレン
ジャーとしてのイメージが強いですが、もともとはスラップ(チョッパー)奏法
という必殺技を持つ、バカテク売れっ子スタジオべーシスト。ス ラッピングが
日本でチョッパーとよばれるようになったのも、この人がティン・パン・アレイ
(松田聖子の記事参照)の「チョッパーズ・ブギー」とい う曲でこの奏法を世
間に知らしめたからです。このベースソロでも、「これでもかっ!」てなほどに
「チョッパー」が炸裂してますね。自分も家でたま にベース弾いてスラップの
まねごとをしたりしますが、これは死んでも弾けねぇな、という妙な自身があり
ます!うちのバンドのチョッパーべーシス ト、ピアスさんが前の晩に酒を飲み
すぎていなければ弾けるかな?というレベル5の難度。(どんなだ?)しかし当
人のブログによると、この曲でどん なベースを弾いたのかサッパリ憶えてない
そうです・・・奏法もさることながら、なにより凄いのはその「音」!まるでア
クティブ・ピックアップの付 いたスルーネックのベースに、思いっきりコンプ
レッサーとエキサイターをかましたような音なのですが、それは現代でのハナ
シ。この曲がレコーディ ングされた70年代後半に、いったいどのようなシス
テムでこんなに現代的なベースサウンドを具現化できたのか?例のマッスルス
ティックは発動され たのか?(笑)不勉強にして見当も付きません・・・この点
に関してはピアス氏の検証を待ちたいところです。

だいたいさぁ、1コーラスと2コーラスの間にベースソロ入れちゃおうってぇ発
想が普通はまず出てこないよね。ベース音の定位も始めはドセンターで 落ち着
いてるんだけど、ソロになると左右に振ってステレオで立体感を出し、音量のレ
ベルも明らかに上げられてる。このミキシング処理は、このベー スソロがアレ
ンジャー(もしくはレコーディング・ディレクター)の指示で、あらかじめ予定
されていたことを物語っています。思うに、「ゴトー ちゃぁ〜ん、ここでデー
ハーにスーベー弾いちゃって、弾いちゃって〜っ!」などと小指を立てつつアレ
ンジャーにそそのかされた、というセンが濃厚 です。そんなオカマちっくな
(?)アレンジャーは誰だ?と調べてみましたところ・・・またしても大村雅朗
でした・・・うーんマンダム、単なる偶然 か?それともやはり自分はこの人の
アレンジに惹かれてしまう運命なのか?まぁ、それだけ多くのヒット曲を手掛け
ている、ということなんですけど ね!たどり着けばいつも大村雅朗・・・

肝心の八神純子のヴォーカルも素晴らしいの一言っす!しかしこのひと本当に良
い声してますね。上から下まで声出まくりで、とくにファルセットの声 量は圧
倒的ですらあります。このひとのヴィブラートの掛け方はとてもリズミカルでギ
ターのヴィブラートに通ずるところもあり、非常に好感が持てま す!Bメロの
「愛しているのなら・・・」のパートでは主旋律をトップに三声でハモってま
す。正攻法のアレンジですが、2コーラス目だけは主旋律の ピンです。歌に絶
対的な自信があるからこそ可能なアレンジ、この部分だけヴォーカルがダブルト
ラッキングになってるように聴こえるけど、これは ディレイでの機械的な処理
かな?「みずいろの雨」では、出だしの「あ〜」の部分だけ明らかに歌を二回重
ねてパンチを増すことに成功してました。単 純ながら、効果絶大な小技です!
ドラム叩いてるのは、リズムの刻み方とこの時期のスタジオのメンツから考える
と林立夫か?まるで確証はありません が、もしそうだとしたら大好きなドラ
マーの一人です!

アウトロでは師匠も負けじと入魂のプレイ!ベースソロではポイント根こそぎ
持ってかれましたが、ここでイーブンに戻しエンディングに花を添えま す。
Gmaj7をトニックとするちょっとジャジィなUm7→X7進行を、Aドリアン(別にロッ
キーのかみさんではない・・・)スケール(というか EナチュラルマイナーのA
ドリアン的解釈か?)一発プラス所々半音パッセージだけでメロウに、時にスリ
リングに、見事にコード進行に合わせて乗り 切りってます。(あ、別にわかる
人にわかってもらえればいーです・・・)スリリングなプレイをするのに物理的
なスピードや難解なスケールチェンジ は特に必要ではなく、(出来るにこした
ことはありませんが・・・)シンプルなスケールだけでも音の選び方やリズムの
とり方でいくらでもスリリング にできるのだ、という事実を痛感させられま
す・・・これぞ珠玉の名演!このギターソロはコピーしたもんね!ベースソロに
は手も足も出ませんでした が、オレ、べーシストじゃないから別にいいや・・・

しかし36年前(!)に発表されたこの曲、音質、アレンジ等々、今聴いても全
く古さを感じさせませんね!単純に比較して良いのかどうかわかりませ んが、
この曲の30数年前に流行ってた歌は、「リンゴの唄」や「東京ヴギウギ」です
からねぇ・・・戦後のポピュラーミュージックの進歩がそれだけ 急激だったの
か、その後の進歩が停滞しているのか、はたまたオレの耳の、新しい「オト」を
感じる能力が低下しているのか・・・結論は出ませんが、 この曲が後世に残る
(もう残っている?)名曲であることに間違いありません!

https://www.youtube.com/watch?v=dIzPOfGFFRE
posted by VIVEFIVE at 19:58| Comment(6) | 日記

2015年05月14日

今日上野で五時

516BPETMRJL.jpg
先日の連休中、チーフローディーのワッキーちゃんが「どーしても今日中にスタ
ンガンが欲しいでちゅ!」と言い張って聞かないので、よしわかった! と上
野、御徒町方面にイカツイものカンケーを物色しに出かけました。

アメ横方面には、老舗のマルゴー商店、中田商店、最近オープンしたFIRST
等々・・・ガン&ミリタリーに少しでも興味がある男の子には、はずせ ないお
店がめじろ押し!まさに聖地といった活況を呈しております。

ヤマシロヤのかどを入ってすぐの昔からある中古レコード(!)屋さんでふと目
をとめると・・・なんと!あのソチオリンピック男子フィギュアスケー ト金メ
ダリストの羽生結弦が既にレコードを出しているではないですか!しかも中古、
演歌っぽいジャケット・・・

そんなわけないよね・・・よく見りゃ三善英史でした・・・しかしこの二人クリ
ソツですね!羽生クン、「パリの散歩道」も良いけど、三善英史の 「雨」をプ
ログラムに組んでみてはどうか?必ずや、オールド歌謡曲ファンの涙を誘うと思
うのですが・・・あ、結局スタンガンはどこにも売ってませ んでした。途中か
ら何しに来たのかも忘れて、磯丸水産で楽しくルービー飲んで帰ってきましたと
さ。ワッキー、またいこーね!

https://www.youtube.com/watch?v=JJMxCcmlm0U
posted by VIVEFIVE at 21:52| Comment(0) | 日記

2015年05月10日

あーれ

image1.JPG
昨日はスタジオお疲れ様でした。
只今イケベ秋葉原店にてゲットしてきました。old、スタンダード、サドウスキー。クラッシックカー、4ドア乗用車、スポーツカー。まったくよく喩えたもんですね。店員にoldのリスク、カスタムショップの狙う所を聞いて、音出ししてみた。作り込みはまったく違う、別もんです。おとは結構似てるがもう少し低音が出てるのとダイナミックレンジが広い事、そしてノイズが少ないこと。なくもないなという感じ。で、usスタンダード!触った瞬間いい造り。音はCSより更に低音がでてダイナミックレンジが広い。やはりcsが64年を模して造ってるのに対し、スタンダードはハードパーツが現代の物なのでいい音がする。oldfenderマニアにとってはダメダメかもしれないが使える音でした。色はへんな色(笑)

iPhoneから送信


 


 

 

 

-->
posted by VIVEFIVE at 19:28| Comment(3) | 日記

2015年05月06日

カスタムショップのジャズベ

L_0140abb2ee0d380415b6e4868e854520.jpg
今日、仕込みが予想外に早く終わったので、秋葉のリボレ、B-1フロアのベース
売り場でUSAフェンダージャズベ各種を偵察してきたよ!

共に新品税抜きで、カスタムショップの64年モデルチームビルトものが
29,8諭吉、(マスタービルダーものは、とてもこの値段では買えませ
ん・・・)USAヴィンテージモデルが25,8諭吉、USAスタンダードがなん
と!特別に50%オフで11,5諭吉でした。

「ズバリ、デザイン、スペック上はほぼ同一の、カスタムショップとレギュラー
ヴィンテージシリーズの具体的な違いは?」と店員サンに尋ねたとこ ろ・・・
「一番は使用材のグレードの違い。マグロに例えるならば、マルで仕入れて大ト
ロの部位はカスタムショップに回し、中トロはレギュラーライ ン、赤身はメキ
シコに回すと・・・」非常に判り易い例え!コイツ、只者ではない・・・もっと
もあくまでもグレードの違いであって、単純に材の良し 悪しとイコールでは無
いと個人的には思いますがね。とっても美味いマグロの赤身もあるしね!プラス
手作業による組み込み精度の高さと仕上げの良さ を考えると、実勢価格4諭吉
アップで済むのであればお値打ち感がありますね。なんでもレギュラーラインが
最近入荷分から定価がアップして、在庫の カスタムショップ品との価格差が縮
まったそうです。そう考えると今が買い時かも・・・

コンテンポラリー系ジャズベならば、クオリティーでいったら文句なしのサドウ
スキーが27,8諭吉、個人的にはこいつもオススメなんだけど、国産 なんだ
よね・・・NYものはこの二倍はします!店員サンいわく、「フェンダージャズベ
のサウンドが欲しいのなら、やはりフェンダー製を買うのがベ ストでしょ
う!」至極論理的なお答え、有難う御座います!

画像はイケベの渋谷店の在庫なんだけど、ヴィンテージレプリカながら、ネック
回りが今風にアレンジされてて良さそうな出物。

http://www.digimart.net/cat03/shop4280/DS02466413/

中古も値段はそんなに下がらないみたいだね。ピアスさん、よかったらチェック
してみて。
posted by VIVEFIVE at 15:58| Comment(2) | 日記

2015年05月03日

My Revolution

misato.jpg
30年近く前ですが、TBSで「セーラー服通り」というドラマを放映してまし
た。校則が異常にキビシイ女子校に通う三人が学校に内緒で匿名で漫画 を連載
し、様々な騒動を引き起こしてゆく、というストーリー。主演は石野陽子です
が、その他のキャストがゴイスー!長塚京三に「ミナミの帝王」竹 内力、なぜ
か長州力のダブルリキ、「二番じゃだめなんですか?」(ダメに決まってんだ
ろ!怒)の蓮舫特命担当馬鹿大臣、野村のヨッチャンに永遠の ババァ、菅井き
んちゃんご用心、鈴木清順監督ならぬ校長に、ピンクレディーの片割れ
等々・・・今ではちょっと考えられない(お亡くなりになってい るかたもいる
し・・・)カオスなほどのゴッタ煮的豪華キャストです。実は主役の一人、夏樹
役の紘川淳、当時、ド・ストライクでした!その後、「何 処へ行ったかぁ、知
らねぇなぁ・・・」(by宇崎竜童)状態だったのですが、何と!彼女は今現在、
立教大学経営学部の教授を務めていらっしゃるそ うです!一体全体、彼女の人
生に何があったというのか?!うーんマンダム・・・そんな(どんなだ?)
「セーラー服通り」の」主題歌だったのが、こ の「My Revolution」。日本のポ
ピュラーミュージック史上に残る名曲だと思います。

渡辺美里最大のヒット曲にして、作曲した小室哲哉の出所、もとい、出世作なの
ですが、実はこの二人にはゼンゼン思い入れがありません。渡辺美里の 当時の
印象は、「顔のデカいねぇちゃん」、今現在は「顔のデカいオバさん」、小室哲
哉にいたっては当時の事はまるで記憶になく、今現在は「懲役三 年、執行猶予
五年」というイメージしかありません。しかし、そんなボクにとってもこの曲だ
けは、今でも特別な光を放ち続けています。

まず、タイトルからしてすごい、「マイ・レヴォリューション」とな!アドル
フ・ヒトラー流に言うならば、「マイン・レヴォルツィオーン」、邦題、 「我
が革命」ですよ奥さん!これほど過激な歌をリアリティーをもって歌えるのは、
チェ・ゲバラか毛沢東ぐらいしか考えられないのですが、渡辺美里 はあくまで
も政治的思想とは無関係に独自の解釈でのびのびと歌い切ってます。「わかりは
じめたマーイ・レヴォリューション、明日を乱すこと さ・・・」このアナー
キーな歌詞に、当時の少年少女達はいったいどのように自分自身を投影しシンパ
シーを感じていたのか・・・?なにをどうわかり はじめたのかはわかりません
が、想像力の貧困なボクちゃんには、「日本赤軍に入って、テルアビブ空港で銃
を乱射する」、「モロッコに行って性転換 手術を受ける」、「インドの山奥で
修行する」といった具体的な事例しか思い浮かびません・・・

もちろん良い楽曲に良い歌い手ありき、ではありますが、この曲がエバーグリー
ンな名曲になるように魔法を掛けたのは、実はそのアレンジだったと思 いま
す。そしてそのアレンジを担当してるのが、またしても!の大村雅朗氏!イント
ロの印象的なスキャットからして、「つかみはオッケー!」な展 開。小室哲哉
の曲は脈絡の無い唐突な転調を多用することで有名(?)ですが、この曲もご多
分に洩れずサビで転調してます。(Bメロ前で2小節だけ C#に転調しているよう
な気もしますが・・・)その転調部分に技有り。サビ前でC#m7/D#m7/Emaj7と
コードが上昇してきてBのドミナ ントコードであるF#susu4,F#と続き、てっきり
Bに解決するかと思いきや、次の一小節でいきなり短三度下のC#sus4,C#にコード
チェンジし、そのトニックであるG#に着地する・・・痛快な予定調和の破壊、見
事なセンス・オブ・ワンダー。もっともBの平行調であるG#マイ ナーがG#メ
ジャーに転調したと解釈すればそれほど唐突な転調ではありませんが、(「帰れ
ソレントへ」等・・・)曲の展開に呼応した、見事な場面 転換に成功していま
す。これぞアレンジの妙!

バックを固めるミュージシャンもツワモノ揃い!まずはギターの「毎度どーも」
の松原師匠。Aメロのフランジャーの掛かったメカニカルなシークェン スフレー
ズ、Bメロのちょっとシタールチックな哀愁のオブリガード、サビの左右チャン
ネルで別々のリズムを刻む切れ味抜群のカッティング・・・決 して前に出過ぎ
ることもなく、歌モノのバッキングギターはかくあるべし!というお手本のよう
なプレイです。そして、何といってもこのバックトラッ クの主役はベース!
ユーミンの「埠頭を渡る風」などで超絶プレイを披露する、高水健司氏の名演で
す。シンプルなドラムパターンを土台に自由奔放に シンベでは再現不能なライ
ンを弾きまくり、そのままではデジタルな響きのこの曲に躍動的なドライブ感と
アナログ的なうねりを与えています!無機質 になりがちなシンセサイザー中心
サウンドに、スタジオミュージシャンの職人的プレイにより生きたグルーブ感を
プラスしたところがこの曲のキ モ・・・なかなかやろうと思って出来ることで
はありません。

犯罪者、もとい、作曲者の小室哲哉氏がアレンジまでやっていたら、はたしてこ
こまでの名曲に仕上がったでしょうか?恐らく当時最先端のピコピココ ン
ピュータサウンドで彩られ、ヒット曲にはなったと思います。が、しかし、その
後の小室ファミリー(マフィアか?!)によるその他大勢の楽曲同 様、時代の
流れと共に風化していった可能性が大です・・・やはり楽曲の良し悪しを決定す
るのは、今も昔もシンプルに良い曲、良い歌、良い演奏で す。サウンドの斬新
さやコンピュータのプログラム云々・・・といった問題は、瑣末的なことに過ぎ
ません。30年近くも前のこの曲が、単なるノスタ ルジーを超えた普遍的魅力
を持ち続けているのも、そこに尽きるとおもいます。エンディングのオルガンの
優しい響きを聴くと、その思いは一層強いも のとなります!

https://www.youtube.com/watch?v=FOY2ASBFFz4

しかし顔デカイね・・・
posted by VIVEFIVE at 14:10| Comment(1) | 日記