2015年03月29日

流星ナイト

hqdefault.jpg
松田聖子デビュー当時の最大の魅力とは何か?見事な一重まぶたか?八重歯とい
う名の歯並びのランダムさか?安定感抜群のO脚か?・・・ノン!何と 言っても
その声の素晴らしさに尽きると思います。具体的に言うと、きらびやかで尚且つ
パンチの効いた伸びのある圧倒的な高音!ややハスキーで憂い を感じさせる中
低音とそのギャップに尽きると思うのですね。もちろんアイドル歌手としては抜
群の歌唱力があったのですが、これはきっと持って生ま れたものでしょう。天
賦の才に任せてちびっ子のど自慢的に(?)奔放に歌い放つのは、時には危なっ
かしい面もあるのですが、それを補って余りある のがこの声の魅力です!前出
の「チェリーブラッサム」でいうと、「走り出した〜、船の後〜」の部分を思い
出していただきたい。「えくぼの〜、秘密 あげた〜いわ〜」「あ〜、私の濃い
わ〜」等々・・・まさに伝家の宝刀抜きまくりです。

ところが、この次のシングル「夏の扉」。作曲は引き続き財津さん、アップテン
ポのエイトでバッキングのギターも前作同様ディストーションバリバリ でご機
嫌です。が、肝心の声のトーンが以前とは明らかに違う・・・なんだか高域の周
波数がカットされてしまった感じで、「フレッシュ、フレッ シュ、フレ〜ッ
シュ!」などと言ってはいるものの、正直あまり「フレッシュ」とは言い難
い・・・あの一撃必殺の、高音の突き抜けた感がありませ ん。この時に感じた
違和感は次の「白いパラソル」でも同様、ついに「風立ちぬ」で決定的なものと
なります。どうやらこの時期、デビュー当時からの 酷使がたたって、喉をブッ
潰してしまったらしいのです・・・

「風立ちぬ」は声の不調もさることながら、大瀧詠一氏によるノスタルジックな
アメリカンポップス的大袈裟サウンドが、それまでのハードロック路線 (?)
を頑なに支持してきた自分にはすんなりと受け入れられるものではありませんで
した・・・しかし、アルバムの「風立ちぬ」はそんな過酷な状況 で制作された
にもかかわらず、松本隆氏の全面起用もあって結果的に名盤となり、その後の松
田聖子の方向性を決定づける、まさにターニングポイント となるのです。当時
はダメでしたが、今聴くと「良いな!」と思う曲も何曲かあります。そんな一曲
が「流星ナイト」!

財津さん作、初期の松田聖子に似合いそうなストレートな曲です。アレンジして
ギターも弾いてるのは鈴木茂!荒井由美のレコードに数々の名演を残し てい
る、言わずと知れた伝説のギタリストです。この曲でもトレードマークのワン・
アンド・オンリーなストラトサウンドが炸裂してますね。イントロ のFから始ま
る開放弦をからめた3拍フレーズのアルペジオが、ちょっとビートルズっぽくて
グッド!間奏のスライドギターもジョージ・ハリソンチッ クに迫ります。惜し
むらくはその声が・・・ぶっちゃけ、「よくこれでプロデューサーがオッケー出
したな!」と思うほどドイヒーなのですが、これが ベストテイクなほどに喉の
具合が芳しくなかったのでしょう、きっと・・・この曲をデビュー当時のあの声
で歌っているのを聴いてみたかった!

デビュー二年目にして早くも訪れた、歌手として最大のピンチをいかにしてのり
きったのか?続きは次回に!(え、松田聖子ネタがまだ続くの?!)と りあえ
ず「流星ナイト」、聴いてみてね!

https://www.youtube.com/watch?v=tvfmf1neXKo
posted by VIVEFIVE at 03:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: