2015年03月14日

Long train running

0002_2014060323485036f.jpg
3,14ダイヤ改正で、最後の「ブルートレイン」、北斗星の定期運行が終了で
す。青函トンネル開通とともに豪華寝台特急のさきがけとしてデビュー し、北
海道新幹線開通準備のために姿を消す・・・やはり時代の流れなのでしょうか。
これで「上野発の夜行列車」はカシオペアのみとなってしまいま すが、あの銀
色に輝く眩い車体は「津軽海峡・冬景色」に詠われた「上野発の夜行列車」とい
う風情ではありませんよね、やはり・・・

画像は例によって拾いの無断転載なのですみません・・・が、しかし!牽引する
カマが通常の北斗星カラーのEF510ではなく、お召し塗装の EF81、81号機!
去年の六月に代走で久々に復活したようです。やはり北斗星といえば、デビュー
当時の赤いEF81に青のヘッドマークのコント ラストが鮮烈に印象に残っていま
す。これは無条件でカッコイイ!

今回のダイヤ改正の目玉はなんと言っても北陸新幹線開業なのですが、奇しくも
丁度30年前の昭和60年3月14日、それまで大宮止まりだった東 北、上越新
幹線が上野まで開通しているのですね。その影響で、上野発の急行列車がほぼ全
廃に・・・それ以前の上野駅地平ホームは20番線まであ り、上、信越、東
北、常磐線の特急、急行の優等列車がひっきりなしに出入りしており、まさに
「北の玄関口」と呼ぶにふさわしい活況を呈しておりま した。鉄道少年だった
頃、カメラ片手に半日いても飽きることはありませんでしたが、いつもフィルム
が先に底をついてしまいました・・・デジカメ全 盛の現代ではピンとこないかな?

上野東京ラインの開通で利便性は確実に向上するのは分かっているのですが、大
好きだった上野駅が単なる通過駅になってしまうような気もして複雑な 思いで
す・・・でも、あの中央改札口の壁画がある限り、上野駅はボクの心のターミナ
ルであり続けるのです!
posted by VIVEFIVE at 21:40| Comment(6) | 日記