2015年03月04日

宗吾参道ナンパストリート

img_11_m.jpg
2月28日の土曜日、京成3300形電車のラストランでした。1960年代から
赤電として地域住民に親しまれてきた3000系車両最後の生き残り です。印
象に残っているのはやはり赤電(その以前の旧型車両が青電)と呼ばれていた頃
の、アイボリーにファイヤーオレンジのツートーンカラー、顔 つきもその後の
更新工事でだいぶイメージが変わってしまいましたが、車内の佇まいは子供の頃
から親しんできた京成電車の雰囲気を色濃く残していま す。

最後の花道は、臨時特急「成田山号」として有終の美を飾りました。4両編成で
運用されていた2編成を、むりやり8両編成に連結させての運行です。 先頭車
には誇らしげに「成田山」のヘッドマーク、半世紀(!)近くに渡って通勤車両
として地道に活躍してきたご褒美なのか、まさに一世一代の晴れ 姿!でも、そ
の後ろ姿にはやはりみんなとの別れがさびしいのか、一筋の涙が・・・(画像参照)

ボクは最寄の青戸から乗車したのですが、ホーム上にはすでにカメラを構えて列
車の到着を待つ数十人の人々・・・車内は土曜日の午前中の下りでは通 常あり
えないほどの乗車率、しかも、ほとんどの乗客がどうみても沿線の住民には見え
ず、彼らの発する鉄分100%のオーラに圧倒され、予定があっ たこともあり
二駅目の本八幡で降りてしまいました。車窓から見ると、沿線の要所要所の撮影
ポイントにも撮り鉄の方々が万遍なく配備(?)されてお り、あらためて鉄道
マニアの裾野の広さを実感したしだいです。終点の成田では若干の混乱もあった
模様・・・

てなわけで、本八幡駅でオタク満載の(あ、言っちゃった・・・)3300形を
万感の思いで見送ったのですが、まじまじと細部を観察してみるとやは り相当
にボロく、これは引退もやむなし・・・と思わざるをえませんでした。最後の赤
電、46年間お疲れさま。本当にお世話になりました!おまえの ことは忘れな
いよ!
posted by VIVEFIVE at 00:03| Comment(0) | 日記